英語コーディネート、翻訳

2007年、ナチュラロジーは日本で初めて「英語コーディネート」というサービスを開始しました。
英語の「coordinate」は、「調和良く組み合わせる」という意味を持ちます。「このシャツにこのネクタイをコーディネートする」というように、言葉においても「このニュアンスにこの言い回しをコーディネートする」ということができます。

例えば、「夕日で空が赤くなってる」より、場合によっては「夕日が空を紅く染めている」の方が日本人の叙情に触れるかもしれませんし、「人気(ひとけ)がある」より「人通りがある」と書いた方が誤読を避けることができるかもしれません。
これは正解・不正解という話ではなく、読む側の視点に立ったUX(ユーザーエクスペリエンス)上の配慮や、訴求を目的とした言い回しの工夫といったところの話です。

当然、これらと同じようなことは英語でも言えるわけで、ライターは単なる翻訳ではなく、コピーライティングの基本である

Who reads it? / When, Where and how do they read it?(誰が読むか、いつどこでどうやって読むか)

を意識した言葉選びをする必要があります。

しかし、残念ながら、現状の日本では「日本語を英語に訳す」ことで頭が一杯なのか、コピーライティングとして価値を付けられるような英文はまだまだ稀です。

ナチュラロジーは、「ただの英語訳ではなく、コピーライティングとして意味(訴求力)のある英語をコーディネートする」というコンセプトのもとに、英語でのコンテンツライティング、英文コピーライティング、商品名・ブランド名のオーサリング等、英語に関わる様々なサービスを提供しています。
越境サービスや海外でのブランド構築・販路開拓をお考えの際には、ぜひ「英語サイト・海外向けコンテンツ制作」とあわせてご相談ください。

ご依頼・お問い合わせ