WordPress開発、CMS構築

今や全世界のWebサイトの30%以上を占めると言われる、名実ともにNo.1のCMSプラットフォーム「WordPress」。
設立当初よりオープンソースソフトウェア(OSS)のローカライズと普及に携わってきたナチュラロジーは、日本ではまだ「ブログシステム」としても認知度の低かったWordPressに「CMS」としての可能性を見出し、いち早くWebサービスへの導入と技術開発を行ってきました。
現在では、弊社のWeb部門において、クライアント案件の大半をWordPress開発が占めており、もはや弊社の事業において切り離すことのできない存在となっています。

そんな、まさにWordPressと共に歩んできた弊社では、今となってはあらゆるWebサイト・メディアをこのプラットフォームで開発することができるまでになりました。
企業・サービスサイトはもちろん、ECサイト(ショッピングサイト)、ポータルサイト、ニュースメディア、マッチングサイト、SNSなど、様々な要件でのWordPress開発について、ぜひお気軽にご相談ください。

W3Techs – World Wide Web Technology Surveys

WordPressの独自フレームワークを開発しています。

設立当初から数多くのWordPress開発に携わってきたナチュラロジーでは、それらの経験・実績を基に、独自フレームワークの開発に取り組んでおります。

すでに多くのWordPressサイトにて実用されている「Garland(現バージョン2.2.1)」とは別に、2017年4月よりまた新たなフレームワーク「Alpaca」の開発プロジェクトが始動いたしました。

Garlandと同様に、

  • セマンティックなマークアップ(HTML5 / Schema.org / ARIA)
  • モバイルフレンドリー、レスポンシブデザイン(Bootstrap採用)
  • Sass(Scss)によるオブジェクト指向のCSS設計
  • コードの重複・冗長化を抑えたテンプレート設計(DRY原則)
  • 効率的なフロントエンド開発環境(gulpまたはnpm-scripts)
  • 豊富な実用的フィルター/アクションフック設定

という高いスペックは引き継ぎ、CSSフレームワークのアップデート(Bootstrapのバージョンを3から4へ)や内部SEO対策の強化など、よりモダンな仕様への刷新を行います。

しかし、最も大きな変更点は、その設計思想にあります。
Garlandは、あくまでも「プロジェクトのための開発フレームワーク」というコンセプトでつくられたものであり、そのターゲットユーザーはテーマ開発に関する一定の知識を有するWebエンジニア/デザイナーがメインでした。
つまりは、弊社自身のような開発者が、クライアント案件や自社プロジェクトをより短期間・低価格でローンチさせるために設計された、文字通りの「フレームワーク」です。

一方、今回の開発プロジェクトではいわゆる「ボイラープレート」や「ブランクテーマ」の要素を強く意識しており、「フレームワーク」というよりはむしろ「テンプレートの上位版」といったイメージを描いています。
そのため、核となるフレームワークはもちろん、特定の目的・サイト属性に合わせてチューニングした「派生テーマ」を一般ユーザー向けに提供していくことも目標としており、現時点ですでに

  • ニュースサイトやオウンドメディアなど配信メディアを想定したAMP(Accelerated Mobile Pages)対応テーマ
  • WooCommerceプラグインに最適化し、越境EC(海外向け通販)やダウンロード販売にも対応した汎用ECテーマ

の開発を予定しております。

【デモサイト】AlpacaフレームワークによるWordPressデモサイト(固定ページ、ブログ、カスタム投稿タイプ、メールフォーム、AMP)
https://alpaca.naturalogy.net/

ご依頼・お問い合わせ